<< 注意点 | main | ヘンリー・マンシーニ >>

スポンサーサイト

  • 2013.10.04 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


芸術の秋

今日は芸術鑑賞教室お疲れ様です。

僕は雨の中自転車とばして帰ってきました。




さて、本番も間近に迫りました。
1週間半もありませんね。

これを、
「まだ一週間ある」と思うのか
「あと一週間しかない」と思うのかは
人それぞれだと思います。

僕は別にどちらも否定はしませんが、前者を推します。

正直、みなさん練習不足です。
だからこそ、今からあせって気持ちだけが先行してしまいがちな気がします。
なので、ひとまず落ち着いてみませんか?

そして、冷静に焦ってください笑

「やばい、練習しなきゃ!」

って思ってください。








そして、この間ちょこっと言いましたが
曲の中に出来ないところがあることを「あたりまえ」だと思わないでください。
むしろこれが当たり前なはずなのですが
どこかでやはり「全部出来るわけはない」という心持ちがありませんか?

あるスポーツマンガの有名なフレーズに
「諦めたらそこで試合終了だ」
という言葉がありますね。

スポーツに限らず、音楽も、もちろん生きる上での全てにおいて
これは共通に言えることではないかと思います。

音楽は、自分が限界を定めた時点でそこが限界になってしまいます。

「自分はここまでしかできない」っていうのと、
「自分は今ここまではできる」というのは
言っている内容は同じような感じですが
意図していることが違います。

前者の場合、自分の限界を踏まえ
もうこれ以上のことはできません
といったように感じられます。

しかし後者の場合、まだ伸び代(のびしろ)があるわけです。
今はここまでだけど、もっと出来るようになります
そういう意味合いを含んでいるわけです。

自分の現時点での限界を知ることは大切です。

しかし、そこを自分の限界だという風に勘違いしないでください。
確かに今はそこが限界かもしれませんが、
練習をつむことにより限界の天井は押し上げることができるんです。

もちろん、そのための練習は大変でしょう。
(少なくとも楽ではないはずです)

限界を伸ばす=できないことができるようになる

ということであり、できる練習をしている限りは限界は伸びないわけです。
ようするに、できないことを徐々にできるようになる練習が必要なんですね。

最初はできないことでも、日を追うにつれてだんだんとできるようになっていく
それを実感できたとき、「楽しいな」って思えるはずです。
そうなると練習することを好きになれるはずです。
「できる」ということは「楽しい」のです。

みんながその楽しさをわかってくれたのであれば
管弦楽部は大きく成長できるのでしょう。

無論、難しい話でしょうけどね……苦笑







さて、長々と僕の偏見的意味不明な感じの持論を語ったわけですが
結果何が言いたいのかということで、
今まで述べてきたことを要約した感じの文を書くとすれば


本番が間近に迫っています。
曲中に出来ないところがある人は、本番までまだ1週間あるという心持ちで
あせらずに、毎日少しずつできないところをできるようにしていってください。



こんな感じでしょうか??;;笑



要約するなら長々と書くなとか思った人もたくさんいるでしょうし
ここの部分は違う(納得できん!)と思った人もいると思います。

でも、とりあえず一意見として受け取っていてください。

これを機に、是非「練習の中身」というものを
一人ひとりがしっかりと考え、より効率の良い練習をし
個々がレベルアップしてくれるととても嬉しいなと思います。


それでは、最後まで読んでくれた方
本当にありがとうございました^^





岩永でした。












スポンサーサイト

  • 2013.10.04 Friday
  • -
  • 16:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM